未分類

福岡空港国内線ターミナル、地下鉄新改札口とアクセスホールをオープン!

福岡空港で進められている国内線ターミナルビル再整備工事で、2019年3月28日(木)にメインエリアの「地下鉄アクセスホール」がオープンした。地下2階から4階へ続く吹抜け空間で、地下鉄福岡空港駅の改札口を通過し、航空会社カウンターと到着口のある1階、または出発口のある2階へエスカレーターで直接移動できる。全日空(ANA)のSKIPサービス、PREMIUM CHECK-IN、日本航空(JAL)のJALタッチ&ゴーサービスなど、2階出発口の保安検査場へ直接、移動できるようになり、利便性が高まる。

地下2階改札階の「地下鉄アクセスホール」は、1階の到着口や航空会社カウンター、2階の出発口に直接移動できるエスカレーター、各階へのエレベーターが設置された。エレベーターはTokyo 2020アクセシビリティガイドラインに準拠し、介助の方も含め、4台の車いすを同時に利用できるほか、ベビーカーでも移動しやすくなります。新店舗は、3月28日(木)にドラッグイレブン、4月末にファミリーマートがオープンする予定だ。

1階は「到着口/南」を拡張し、地下鉄改札まで直接つながるエスカレーターが稼働。福岡空港へ到着時は、館外から出ることなく地下鉄改札まで直接降りることができる。2階の「出発ロビー・出発保安検査場/南」は地下2階からエスカレーターで出発ロビーにアクセスでき、2階のエリアも拡張され、明るいロビー空間となっている。吹抜け周囲には2階と3階を移動できるエスカレーターが3箇所設置され、飲食店のある3階への移動もスムーズになります。3階の飲食店は、4月末にスターバックスコーヒー、パン屋むつか堂カフェ、カフェのStickball BAKErY 092 Airportと3店舗がオープンする予定。

なお2020年初頭、滑走路側1階中央部に新たな「バスラウンジ」がオープンする。航空機の利用客の移動時に、搭乗までゆったりとした空間で過ごすことができるようになる。